専用インターチェンジ

うちの近くにスマートICがあるのですが、スマートICとは、専用インターチェンジのことです。チケットでの通行はできないので、ETCを持っている人しか通ることができません。また、基本は無人だと思います。
そのため、走行には注意する必要があります。ETC専用ですから、車載器と道路側のアンテナで通信をして、それから開閉バーがひらきます。開閉バーの前で一旦停止しないと、よみとりが行われませんので注意しましょう。

このETC専用スマートICは、高速道路のアクセス向上を目的として設置されました。サービスエリアやパーキングエリア、あるいは、既存のインターチェンジとインターチェンジの間に設置されています。
ですから、ETCを持っているひとは、ここから乗り降りをすれば、出入り口の渋滞を避けることができます。
これから、渋滞しそうな、年末、あるいは、お盆やゴールデンウィークの時期など、スマートICのインターチェンジを利用すると便利です。

私の近くにあるスマートICは、町の中にアクセスできるので、ここで乗り降りをすると、すぐに買い物に行けるんですね。ですから、休日の渋滞しそうなときは、スマートICのところを選んで乗り降りします。
また、今、高速道路が無料になりましたので、またETCを利用しています。罹災証明を見せるときはETCではだめなので、通常のインターチェンジで降りていました。